人体波動調整法&腹部(五臓)セラピー:セミナー&治療掲示

 

人体波動調整法&腹部(五臓)セラピー

「岩瀬超脳力気功整体」は、私岩瀬が長年の研究によって誰にでも簡単にできる技を編み出したのです。
 
 ■人体波動調整法(背部ゆらぎ擦氣法)&腹部(五臓)セラピー

人体波動調整法は、全身を施すテクニックですが、背部と腹部を施す異なったテクニックを組み合わせたものです。

特に疲れのひどい方や、腰痛、肩こり、ひざ痛などなど幅広く対応できます。
 
施術とセミナーはこの岩瀬流の渦氣擦氣法「宇宙の心理(左回り健康法則)」を基礎に、背部と腹部を中心に施療(施術)を行います
 

■セミナー
 
私(岩瀬)がお伝えする気功整体は、何種類かありますが、受ける方、みなさんがずっとこうしていたいという位にとても気持ちが良いと評判の良いものです
 
人体波動調整法は、手のひらを左回りに動かし、擦ると言う、いたってシンプルですが、ただ擦るのではなく、気を意識して柔らかく軽く擦るのです。

コツは確かにありますが、そんなに難しい訳ではありません。一度学べば、どなたでも安全かつ効果を出せる氣功整体術なのです。
 
故に、学び始めて60分後には、あなたも使えるようになれるでしょう・・・一家に一人整体師がいる時代到来です
 

■治癒法「臨床(施療・施術)」
 
私独自の捉え方で「治癒」と言っています。
 
セミナーの中で受講者自身への臨床としても取り入れております。また、受講者が後日改めて治癒して頂きたいと申し出も多数あります。

私の治癒(施療)方法は、私岩瀬が独自に発見(発明ではありません)した人体波動調整法の他、ポラリティ氣ボディーワーク&ブレインヒーリング等々、様々な治癒法を用います。
  
また独自の検査方法で得た情報(諸症状等)治癒を行う意識波動伝達療法は「他所では絶対に受けられない」と言っても過言ではない独自性治癒法も取り入れております。

 
 

 

 

 

 

 

■岩瀬流擦氣法「人体波動調整法」

岩瀬流オリジナル整体・ゆらぎ整体術:この療法(操法)の別名は、ハンド&アームレフトストローク法と言い、手掌&前腕尺骨部を左回りにして回転移動軽擦することです
 
 ■私岩瀬が、独自に発見編み出した治癒法
 
私は、誰もが簡単にできて、尚且つ即効性のある手法(気功)はないものかと長年研究をしてきましたがその過程で「ただひたすらに・手のひらを・左回りに動かし・擦る」という治癒法を発見編み出したのです。
 
 『ひたすら掌を左回りに動かし、擦る』治癒法は、ズバリ四つの行動が相手方、自分の脳内は勿論のこと内臓・神経・骨盤・背骨・頭蓋骨の歪み・筋肉の張りつまり「氣のつかえ=流れ」を改善(活性化)させ人間の本来の状態(健康体)に自然回帰させられます。

なぜ?
その秘密は、手のひらを左回りにして相手方(自分)の身体を摩ることにあります。その左回りに摩ることこそ「岩瀬流さつき法」であり即効性に満ち溢れているが全てです。
 
何故即効性が・・・それは「ただひたすらに、手のひらを左回りに擦る」ことによって術者と相手方の間に摩擦熱(左回りの螺旋状の)が発生し、その摩擦熱が身体の隅々まで浸透するからです
 
勿論、相手方に対して右回りに擦っても摩擦熱は発生しますが、ここに問題が発生します。左回りに擦るのと右回りに擦るとの格差です。
 
相手方の身体を左回りに擦ると相手方の身体は頭のてっぺんから足先まで揺らぎが発生します。
 
反対に右回りに相手方の身体を擦ると相手方の身体は一瞬にして揺らぎがとまります。
 
つまりネジと同じ原理です。ネジは右回りに回すと締まります。

左回りにすると緩みます。人間の身体にも同じ原理が日々働いているのです。
 
このように、この治癒法(操法)の簡単さ、そして、即効性に繋がるのは、相手方の身体(皮膚面)に対し円を描く(左回りに)擦ることにありますが、「方向性」が最も大事なのです。
 
 勿論、この療法は人間が本来保有している氣エネルギーの活性化です。

しかし、私たち一般人(氣功師とて同じだが)にとって、「氣」は、目で見えるもの、感じるものでもありません。
 
では、氣は有るのか無いのかと論じるものでもなく、氣とは「存在そのもの」なのです
 
氣とは誰もが等しく頭(脳)の奥深くに内臓していて、表面化するかしないか(意識するか否か、又は、認知するか否か)それだけの「差」なのです
 
 勿論、私岩瀬自身この療法をやるときは氣を意識してやります

しかし、みなさんは、氣を意識できたら最高ですが、難しいので意識しなくても良いのです
 
なぜなら、氣功というと皆さんは、難しい、氣は修行や鍛錬等々をしないと・・・。
 
それに捕らわれると肝心かなめの要点「ひたすら・手のひらを・左回りに・動かし・擦る」への意識が薄らいでしまうからです
 
 そこで登場するのが、誰でも簡単に氣を発生させられる方法です。

これは『氣』を出す方法として昔から中国に伝えられてきた方法の中でも訓練しなくとも誰にでも簡単にできる方法です。
 
両手を熱くなるまでひたすら擦る「氣発生法」です。しかしこの従来の方法では、深層部への氣の融合はいまいちです。
 
そこで、私岩瀬が約20年位前(治癒・臨床時)に発見(気づいた)したのが、両手掌を合わせて、その状態で両手掌を左回りに擦り氣(左回りの渦エネルギー)を発生させる「擦氣法」を使います。
 
勿論上達すれば、意識だけでも発生させられるようになります。それまでは、基本中の基本のこの岩瀬流「擦氣法」を使います。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA