■首が硬いとき「プラスワンパットを使って外関に気を流す」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■首が硬いとき「プラスワンパットを使って外関に気を流す」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■首の付け根(頸椎6番~7番・胸椎1番)が硬く感じる。鎖骨の上のくぼみの首の付け根寄りのところを内側向きに押して、硬い、重苦しい、痛い感じがする。
あるいはぐっとうっむきに曲げると首の下のほうが突っ張る感じがする場合は外関に気を通しておきましょう。

 ※首の付け根のあたりが硬いと、気のながれがつかえて手首の外関の部分がむくみっぽい、または腫れっぽい感じがします。
 上記記事の中に「気を通して・・・」と書きましたが、普通の人は気って何ですかという意識しか持ち合わせておりません。気というものは見えませんから。そんな人のために、「私がやってみました」。

上記イラストの気を通す位置(手首の甲側)の外関というツボのところに特殊織の布を当ててその上に手掌を乗せ、その手掌を左回転にて軽擦を行います。
そうすると手首と首の付け根が温かくなってきます。そして、魔訶不思議首の可動域が楽になります。「ためしてガッテン承知の助」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA