瞬時に身体をゆるめる・・・この事実あなたは信じる

 

身体の気の流れがよくなると筋肉が弛みます。

身体の氣の流れがよくなる方法は、いくつでもあります。

その中でも、あまりに簡単すぎてびっくり。驚き、桃の木、山椒の木。な方法を紹介します。

 

まず、直立します。

次に、両手を伸ばし、上半身を前に倒して、

「これ以上曲がらない。」というところまで腰を曲げていきます。

床から何cm離れているか計ります。(大まかでOKです。)

ご存じ。立位前身屈です。

身体の柔らかさを計るには最も適した方法です。

この時点ですでに床にべったりと手がついてしまうという方は、感覚的に筋肉の弛み具合を感じとっていてください。

次に足の小指の付け根の外側あたりを、手の指で押圧揉捏。

 

左回りに、60秒程度。

押圧揉捏とは、圧をかけて押しながら、揉(も)んで捏(こ)ねる。

次は、同じ足の反対側の親指外側のでっぱった部分を、

同様に左回りに押圧揉捏。

 

これも60秒程度。

そして、バランスを整えるために、もう片方の足も同様に行います。

両足を終えたら、もう一度、立位前身屈をやってみます。

 

びたっと床についたら、氣の流れがよくなり、筋肉が弛んでいる証拠です。

この方法は、実は、私が考案したわけではありません。

ある方から教えてもらったものです。

「そんなばかなことが・・・。」

と私も半信半疑、いやまったくもって信じておりませんでした。

でも、やってみてびっくりです。

身体が柔らかくなるったのが、瞬時にわかりました。

驚き、桃の木、山椒の木。ブリキにタヌキに洗濯機。

あたりき、しゃりきのコンコンチキ・・・。チュー

氣の流れがよくなる方法。まだまだみつけられそうです。

ぜひ1度だけでもやってみてください。

もちろん、だまされたと思って・・・。照れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA