私気功師「岩瀬」が称える気功治癒法(超脳力気功)とは。。。

患者さん一人人の治癒法はどんな優れた教科書にも掲載されていない。現在いろいろ出回っている教科書の内容は方法論に過ぎず、実際の治療には通用しません。

なぜなら、患者さん一人人の症状が違うように治療方法も当然違ってくるはずです。したがって、治療方法は患者さんの数と患者さんの症状の数だけある筈なのに・・・今の整体治療(病院含む)の現状はどうでしょうか?

ほとんどがマニアル(教科書・習った技法や理論)の内容を重視し患者さん一人一人の症状に目を向けないで行っているのが実情です。それでは患者さん一人一人の症状に合った真の治療にはほど遠いものであり、患者さんの希望通りの結果は望めません。

ではどうしたら患者さん一人一人の症状に合った治療を施せるか、それは患者さんにその日の症状等のカルテを提出して頂くのです。

声を出しての問診でもよし、無言カウンセリングでもよし、ここで重要なのは施療者と患者さんとの信頼関係(ラポール)です。私が提唱したいのは、患者さんの身体(正確には脳波)に聞く(体話)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA