生まれながらに脳内にあるアカシックデコードはその人の脳内データファイル

 

自分が生まれてこのかた様々な体験をし、その様々な出来事(体験)は、全てと言っていいくらい脳内(潜在意識)に記憶(記録)として残っております。その様々な事柄は後に聞く(思い出す)ことが出来ます。

皆さんは、別にそんなこと改めて聞く必要もないと思われるかも知れませんが、では、今までのこと全て正常化出来ますか・・・そんな人は絶対にいないと言ってもいいのではないでしょうか?

私とて同じ・・・と言いたいところですが、私はこうして残された記憶(記録)とお話しして(紐解いて)この文章を書かせて頂いたおります(でも、全てお話し出来ているとは言いませんが?)。

この様に、皆さんも時には自分の中(脳内)に記憶(記録)されている脳内データファイルの存在に氣づくこともこれからの人生のためにいいのではないでしょうか?

特に、生まれる前からあなたの脳内にあるアカシックデコード(この宇宙に存在する全ての魂の記憶)に耳を傾けた方がよいのではないかと私は思うのです。

では、どうしてアカシックデコードに耳を傾けるの・・・それは、そのアカシックデコードの記憶はあなたが生まれる前に自分の人生という設計図が保管されているからです。

今、悩み、苦しみ、病気等の現象でお悩みの方かいたとするならば、もしあなたが生まれる前に設計した図に過ち(今起きている現象)があったのかも知れません。もし、設計図に過ちがなかったら、それは設計図とは違った人生を自身で作り上げている可能性があります。その過ちに氣づくためにも脳内のデータファイルの窓を開けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA