岩瀬流2点(手&足)ハンド・トリートメント

岩瀬流2点(手&足)ハンド・トリートメント

私のの行っている氣癒療法(左回り健康法則)には4つのパターンがあります。今回はパター1を紹介します。

この4つのパターンは私が実際に臨床で使っている方法です。また、セミナーで教えておるのと全く同じです。

以前にもお話しましたが、人体には生体電流という微量な電気が発生、流れております。これは経絡、または氣流とも呼ばれております。

その流れは人間の身体を対角線に流れています。そして、電力のところには、磁場が発生しております。

下記図のように手の指には磁極があります。


その対角線上の流れを利用して、その2点を結んで氣エネルギーの流れを意図的につくります。

それが、これかお話しするハンドトリートメントテクニックです。術者が相手方にやってあげる方法と自分で自身にやる方法の二種類を説明します。


(上記の写真は、相手方にやってあげる方法)

術者は、相手方の左側に立ち、右手人差し指(または、中指)を受け手の右手の列欠に接触させます。左手人差し指は相手方の左足の照海に接触させます。

上記の状態(姿勢)を維持することで前イラスト(指先にはN極とS極がある)で示したように両指先に異なった電極が生じ、その異なった電極の波がマッサージ効果をもたらし身体の異常を正常化(自然回帰、又は、自動修正)します。

ここまでが、氣功セミナー等で教えているハンドトリートメントテクニックです。

ここから先が本邦初公開(前回のセミナー時)テクニックで・・・自分で自身を癒す方法です。

この方法って、そう、お馴染みの11円玉療法と言いたいところですが。。。?。従来の11円玉療法より超々簡単・・・先の氣功セミナーで本邦初公開と言うことで披露したところ私自身も驚き桃の木山椒の木的仰天。

更に体験者も超々々ビックリで。。。写真を撮らなかったのが残念無念です。

先ず下記イラストのように前屈して貰います。

かぁ~たい、驚きですね。

続いて・・・さぁ、自分でやってみょう

上記写真(自分の右手)の赤丸のところ(列欠)と下記写真(自分の右足)の赤丸のところ(照海)に・・・

上記の写真に示されている手と足の赤丸のところに下記シールを一枚づつ春。。。いゃいゃ貼るだけ・・・自分でやるのは、たったこれらけでぇ~~~す。

※上記シールはホームセンターなどで販売されている針灸用シールに家庭にあるアルミ箔を小さく小さく丸めたものを貼り付けるだけ

すると・・・下記、あっと驚き桃の木山椒の木的柔軟な身体に・・・宮尾すすむ的こころ(かぁもネ)なれるかもょ・・・だまされたと思ってやてみたら如何でしょうか。

先ごろのセミナーで体感した女性は一瞬キツネにつままれた驚き様でした。

以下は従来の11円玉療法の10円玉と1円玉を貼る位置です。

但し、10円玉と1円玉はきれいに磨いた物を使用することが重要です。

左手手首の内側に、10円玉(銅)を貼ります。

そして、次に、右足首の内くるぶしに1円玉を貼ります。

こんなことだけで、気の流れは簡単によくなります。

※機会があれば従来伝えられている上記2点の11円玉療法もタメシテガッテ・・・ですが手前味噌になりますが、私の考案した超簡単(小さなアルミ玉シール)の方が驚き桃の氣山椒の木的タメシテカッテンです。

追伸:先(先週の土曜・日曜)の気功セミナーに参加された二人(男性)に同様の操法をやりましたが、共にあっという間に両手掌が床にピッタシと着いてしまいました。

この二人ともなっていったって腰の硬さには驚き桃の木でしたが、超簡単に両手掌が床に・・・でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA