氣(エネルギー)は伝授されるものではない。気功とは修業・鍛錬しなくとも出来る

 

自分の自律神経をコントロールするのが氣功ですから、そのコントロール機能(人間をまるごとコントロール)を、フル活用する治癒法(治癒とは、一般では治療・施療・施術と言っている)が氣功となります。

上記がごく一般の気功(岩瀬氣功では、この「氣」を使います)です。が、岩瀬脳氣功では、右脳に生まれながらに備わっている。いや、授かった氣エネルギーの活用です。

従って、氣を会得するための修行・鍛錬したことがありません。何年か前ブログ愛読者から、こんなメールが届いたことがあります。人間だれもが氣は持ち合わせているのに、何故伝授するのですか?というメールでした。

其の通りです。氣というものは他者から伝授、いや、与えられるものではありません。誰もが生まれながらに平等に「アカシックデコード」の中に与えられてこの世に誕生するのです。

ただし、いくら平等に与えられいるとは言え、使えるか使えないかは別問題であることは間違いありません。但し、使えるか使えないかの打開策は超簡単です。

氣(エネルギー)は伝授されるものではない。気功とは修業・鍛錬しなくとも出来る” に対して1件のコメントがあります。

  1. みやけ より:

    急な不幸続きで体の気が抜けて、アカシックデコードどころか丹田にさえ気が感じられなくなってしまいました、
    なにも、ヤル気もしません。
    どうしたら良いのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です