岩瀬流「超簡単」いつでもどこでも出来る「緊張を和らげる方法」

こんにちは 照れ 気功整体師の岩瀬です。

コロナ感染状況もかなり落ち着いてきております。でも、まだ油断はできないようですが・・・

これまでテレワークなどしていた会社や、時短営業だったお店、学校なども、

以前の状態に戻りつつあるところも多くあるようです。

これから、「再度、新生活。」と、気を引き締めている(?)方も多いのではないでしょうか?

新しい人に会う。新しい職場、学校に行く。新しい仕事。やったことがないことを始める。希望もあると思いますが、どうしても不安も一緒についてくるもんです。プンプン

胸がドキドキする。すると、人の心臓の鼓動ははやまります。

なぜか?

緊張するからです。では、なぜ緊張するのか?

緊張していないといけないと思いこんでいるから・・・。

いや、無意識に未知のものに遭遇した時に人は、心臓の鼓動がはやまるようになっているのです。

それは、全身に酸素をはやく行き渡らせ、体を戦闘モードにするため。ぼーっとしていては、戦うことも、逃げ出すこともできませんからね。

「えっ?なんで(なにと)戦わなければいけないの?」

太古の遺伝子レベルの記憶のようです。

いつどこで、野獣に遭遇するかわからない・・・。

「食うか、食われるか。」おちおち寝てもいられない・・・。そんな時代のヒトの遺伝子の記憶が今も残っているようです。

新しい人に会う。つまり、相手のことを知らない。

「どうやって戦うべきか?逃げるべきか?」迷ってしまうわけです。

特に、好きな異性が目の前に現れると、いつもはおしゃべりで陽気な人でも、とたんに、緊張して無口になってしまう。

未知のものに遭遇する時、人は緊張するようになっているのです。

練習ではうまくいってたのに、本番になるとガチガチになって力が発揮できない。

本番つまり、生きるか死ぬか?それに近い覚悟を要する。と、脳が判断し、交感神経を優位にし、心臓の鼓動を早めているのです。

「緊張する・・・。」そんな時、どうすればよいか?

手のひらに人(犬)という字を3回書いて飲み込む。(ふりをする。)

それで、緊張が解けるのであれば、ばもちろん、御の字です。

深呼吸をする。というのはよく言われていることです。ひとつ、注意点があるとすれば、深く息を吸い込むのではなく、長く息を吐き切る方に重きを置くというということです。

まず、ゆっくりと、口から息を吐き出す。この時、副交感神経が優位に立ちます。

次に、ゆっくりと鼻から吸い込む。

この時、交感神経が優位に立ちます。

息を吐く時より、吸い込む時の方が、脈拍(心臓の鼓動)ははやいようです。

つまり、息を吐く時間が長いほど、副交感神経を優位に立たせ、リラックス効果が生まれるのです。

もうひとつ、とっておきの方法があります。手のひらを、反対の腕の二の腕にあてます。

両手で両腕を下記のようにします。

緊張は、胸(心臓)の周辺から起こります。

緊張すると、心ばかりか、体中の筋肉が硬直します。

肩が凝ったり、背中が痛くなったり、足がつったり、顔が強張ったり・・・口や舌もうまく動かず、流暢に言葉を発するのさえ難しくなってしまいます。

上記のポーズを緊張が緩むまで行ってみてください。

胸あたりがほんわり暖かくなり始め、徐々に全身の気の流れもよくなってきます。

たったこれだけのことで、緊張が解けるのだったらやらなきゃ損。
悪いことは言いません。緊張した時は、騙されたと思ってやってみてください。ウインク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA