渦氣ブレイン・ヒーリングは知識を学ぶのではない、イメージ力を右脳に認識させる(認めさせる)学びなり

 

私が説く渦氣ブレイン・ヒーリング講座は、知識を教えるのではなく、イメージ力を右脳に認識させ、その使い方を身につける方法論を説いております。勿論その中には、この潜在意識との体話が一番の重要点でもあると言えます。

イメージ(意識)をいかに鮮明なもの(右脳に浮かび上がった)に出来るかですが、意識が深まるほど振動数が高まれり、映像が鮮明になってきます。

昨今は人々の意識が大きく向上しつつあります。私たちの身体は、肉体のほかに光のエネルギー体というもので構成されております。つまり、人間の存在は肉体とエネルギー体の二重構造なのです。

 

人間の存在(肉体+エネルギー体)の多くの場合は、肉体の内部を自分と考えてしまうようですが、肉体の内部は自然界の表れであり「自分」は、むしろ外側だと考えを改めた方が自然かも・・・?。これは、人間そのものが小宇宙と言われている所以です。

自分の肉体の内部は「自分」と言うより自分を維持するための「自然界」から借りた働く器なのです。肉体が「自分」でなく「自分が使っている肉体」という認識です。

この様に、今までの肉体中心の時代から、これからは目に見えないエネルギー体の方が本質であると認識しなくてはならない時節が来ております。それはまぎれもない人間の進化と繋がっていると全ての人々が悟り初めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です