私の精神氣療は気(魂)で訊く診断方法・自らの身体の声を訊け

3月17日・・・おはようございます。

ここから始まる気功師・岩瀬靖二のブログ

精神氣療とは「気で訊く診断方法」です。

気で訊く???。。。正確には、肉体に対して行う気功ではなく、精神(魂)の領域に向けて行う気功療法です。これは私が約30年前(平成元年)に自ら体験した真実をもとに開発した。いわば心療内科的気功法です。

現在精神科・心療内科的諸症状を改善するには精神薬を中心に治療を進めておりますが、この方法は表面上のバランスをとるにはある程度の有効なケースと言っていいでしょう。しかし、これらは問題(諸症状)を根本的には改善解決ではありません。

そこで岩瀬流脳気功(これが精神氣功)では、相手方の心(魂)の奥深いところにある問題を深く探求しています。そして、それらが貴方自身が改善解決できる方法論までの道のりを心療してゆきます。

何故、精神科・心療内科による心の治療は、精神薬が中心になっているかと言いますと、心の問題を心から治療するのは非常に困難であり、人生経験や器などが要求されるケースが大きいからです。

困難・・・ならば、自分の諸症状は自ら治癒していかなけれはならない時代到来となるのてす。然し、自分自らといってもこれまた困難と、みなさんは逃げ腰になってしまうのです。

何故逃げ腰になるかと言いますと、その自らの治癒方法である『術=すべ)を知らないだけのことなのです。皆さんが何らかの宣伝等々で、「あそこの整体院はすごいよ」と聞き訪れたとしますが、最終的には満足できなかったというのが大半を占めております。

私も30年前の或る日までの約25年間強度の腰痛で立つこと、歩くことすら困難の年月を過ごしてきましたが、あの日(平成元年3月)の健康講座で講師が幾たびも口にする言葉によって約25年間の腰痛が改善されたのである。

その言葉こそが私の氣で訊く「氣療」なのです。そして、その言葉こそが『自ら治癒する術(すべ)」なのです。訪れる患者さんを私自ら治してあげるのは簡単ですが、それは、今の精神科・心療内科で行っている『薬投与治療』と全く同じになってしまうのです。

皆さんが色々なところの整体院・治療院、勿論、その中には病院も含まれますが、そこに幾たびも訪れても改善が今一なのは根本治療でない可能性が大だからです。そして、そこの先生の治療法に頼ってしまうからです。これ以上のことを言いますと批評を買いますので・・・やめときますが。。。これ逃げ腰???

故に、私の氣療は自ら自身を治癒するために自らの身体(氣)の声を訊く治癒法を推進しております。

最後まで読んでいただき有難うございました。

下記のツイッターもよろしくお願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体 岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所 ホームページ

◇心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆気功で整体YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック 岩瀬靖二のfacebook

◆気功整体師  岩瀬のツイッター

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎施術をご希望の方は下記をクリックして下さい。

◆船橋気功整体「ほぐれ~る」の施療メニューhttps://seitaihausu.on.omisenomikata.jp/

※上記URLをクリックして頂くと「お店のミカタ」画面に入ります。そして右下の「日記新着」をクリックして頂くと掲載内容を見ることるができます。ぜひ一度ご覧下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です