岩瀬流氣療2点(足&手)ハンドトリートメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★上記部位の説明・・・赤矢印は意識交流の方向性・※(1)受け手の頭部(+)・※(2)受け手の足先(-)・※(3)術者の左手指中指(N極)・※(4)術者の右手(S極)

★術者の位置・・・受け手の左側に位置す

★受け手の姿勢・・・上向き

★操法・・・術者は受け手の右手列欠に右手中指でタッチ・左手中指で受け手の左足の照海にタッチし、その姿勢で赤矢印の方向への、全身意識(氣)の交流を行います。

★適応・・・上記イラストの操法は整体術で言うところの右足が短い人への操法です。仮に、これとは反対に左足の短い人への操法は左手の列欠に右手の中指を、右足の照海には左手の中指でタッチしその姿勢で全身意識(氣)の交流を行います。

★ポイント・・・上記の説明の中の「全身意識(氣)の交流」の場面で意識の波動伝導「良くなってね・楽になってね」を組み入れることで更なる効果が期待されます。

注)右手(S極)・左手(N極)・受け手の足は左右違えど指を当てる位置は照海です。

後になりましたが・・・下記イラストの鼻呼吸による全身意識交流を行ってから上記で説明した全身意識(氣)の交流を行うと良いでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

次の記事