思考ではなく言葉が現実化(治癒)する

 

思考ではなく言葉が現実化(治癒化)する

では本格的なメソッド(実践・説明)に入る前の下準備に入ります。

毎日なにげなく使っている言葉がいかにパワフルであるか、

人生すら変えてしまう力があることを説明していきます。

こうしてメソッド(方法=施療)に使うツール(言葉)にどれだけ威力があるのかを知っておくことで、

実践するときも「自分は最強の言葉で今、思いっきり潜在意識に影響を与えているんだ」と確信することができ、

その信じる気持ちが潜在意識の書き換えを加速させます。
ここでしっかりと腑に落としておきましょう。

思考が運命(治癒法)になる

マザー・テレサによる次の有名な言葉があります。

思考に氣をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に氣をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に氣をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に氣をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に氣をつけなさい、それはいつか運命になるから。

つまり、「思考が運命になる」「あなたの思い描いたことが現実化する」ということです。

これはまさに、引き寄せの法則とも同じロジックです。
しかし、そうは言っても、思考をコントロールするのは難しいこともありますよね。

人は1日約6万回も思考しており、そのほとんどが無意識だと言われています。

画像: 思考が運命になる

言葉が運命(自然治癒力)になる

「色メガネの自動思考」を思い出してください。
例えば、「私は愛されてない」という色メガネがあった場合、何かあったとき反射的に、「あっ、私は愛されてない」と思ってしまうのでしたね。

もう自動的に思ってしまうのに、これを無理やり「思考を変えよう!」と5%の顕在意識で頑張っても、95%の潜在意識の力が反対側に引っ張るので、非常に効率が悪いというお話もしました。

だからこそYOKOメソッドは、言葉という最強ツールを使って「先にこの自動思考(色メガネ)を変える」ことをしていきます。

そのため、YOKOメソッドを使う場合は、「思考が運命になる」ではなく、その思考を言葉で変えてしまうので、

言葉→思考→運命の順で変わっていきます。
つまり、「言葉が運命になる」ということです。

また、言葉を使うもう1つの大きなメリットとして、思考は(特に有事は)コントロールするのがなかなか難しいですが、言葉は「ただ言えばいい」だけなのでコントロールが容易という点もあります。これは本当に、最高の利点ですと言いたいが、これはややもすると危険度があります。

そう、言うが安しで・・・言えばいいってものではないからです。

そうです。言葉に愛情(魂)が必要不可欠なのです。

故に、私の臨床の最大のポイントは「意識の波動伝導術」です。

意識の波動伝導術って?・・・相手方に対して無言で脳内で「良くなってね・楽になってね」と言う言葉(つぶやき)を発します。

それもすべての諸症状の対してです。そう、症状によって「色メガネ」越しでは諸症状は改善されません。

下記イラスト・・・人はそれぞれ色メガネを通して世界を見ている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、上記には該当しませんょね?・・・そう願っております。

何時だったか記憶にありませんが、ある有名な氣功の先生のお言葉にメガネを掛けた、掛けて氣功する氣功師は

本当(真の)氣エネルギーは出せない・出ないとキッバリ言い切ったことを思いだしました。

現に、私も最近メガネを掛けての臨床で自身の疲れが最大級になったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA