仮説

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉をもんだり、こねったりするテクニックで、コりを和らげるのに最適です。

筋肉の収縮と弛緩を繰り返しながらこわばりをほぐしていくので、肩や背中

などに適しています。手のひらや手のひらの付け根、指の腹や親指などわ使いわけると、

どの部位にも行えます。ニーデングは、よくパンノ生地をこねる動作にたとえられ、

適度な圧加減でリズミカルに行えば、緊張していた筋肉がゆるんで身体が軽く感じられる

ようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を手刀のような形にして、手の側面を使用してリズミカルにたたくテテクニックです。

両手で交互にたたいたり、または同時にたたいたりすることで、筋肉に刺激をあたえる

度合いで調整出来ます。

男性や体格の良い方には、左右の手をぴったり合わせて使用すると、さらに圧をかける

ことが出来、コりのほぐれを感るので強い刺激を求める方に向きます。ただし、骨の上を

たたくと痛みが生じㇽので、十分注意しながら行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA