意識氣功。。。摩訶不思議(多目的)腰枕発見

おはよう御座います。意識氣功の岩瀬です(^◇^)

目覚めて感謝。。。(o´・∀・`o)ニコッ♪
息(生きて)していることに感謝ですv(。・ω・。)ィェィ♪

昨日は、凄い織物(生地・・・布)の脅威をお話しましたが、
今日は、これまた凄い枕。。。その名も健康腰枕(メーカ名)
しかししかしであるこの枕、いゃいゃ健康枕は多目的枕なのだ~ぁ

なぁん~だ。。。ただの布じゃ~んに見えるでしょう。では下の写真を。。。

横から見るとこうなっているのだぁ~Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!
姿・形は分かったと思うが(・∀・)ニヤニヤ

この健康腰枕(メーカ名)は素材(生地)も優れものだが、。。。
この枕を使っていろいろな動作をすることで、枕を当てた部位の
筋肉が瞬時に緩んでしまうという優れものです( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

例えば、枕を腰の下に置き、両下肢の上下運動を行うと両下肢の
上げ下げが瞬時にスムーズになります(私やってみた。。。驚氣・
桃の氣・山椒の氣だったヽ((◎д◎ ))ゝ)

同時に腰に当てただけで写真の山形(やまなり)の形が腰の整理湾曲
を整えてくれます。

更に、今度は枕を首の下に置くことで生理湾曲が活性化され全身の
硬直が活性化され全身がリラックス化されます。

更に更に、今度は枕を立てて山形(やまなり)の頂点が背中の中心に
位置するようにして寝ます。

その姿勢で上半身(背中)を左右に動かすと脊柱起立筋(背骨の両脇)
の筋肉ほぐしが可能です。

何故これらの効果を促すかといいますと、枕の中心部の山形(やまなり)
が高くなっております。この高さが床面から約7~8センチに作られており
この高さが人間が各部位に持つ生理湾曲の高さに適しているからです。

その他いろいろな使い道があります。下肢血行不良、つまり下肢のむくみ
などの症状の人は枕を足首の下に置き足先を少し高くして寝ることで下肢
の血行を促し下半身の血流の流れがスムーズになりまのす。

更に、膝痛の方は枕を膝の下に当てて睡眠をとることをお勧めします。
このようにこの健康腰枕はいいとこずくめです。

最後に、この枕に使われている生地の織り方にも秘密があります。
皆さんがスーパーなどで買い物する時に意識するそのものに含まれて入れ
エネルギー量の項目があると思いますが、この枕にも高濃度のエネルギー
比率が存在します。つまり、そのエネルギーとはマイナスイオン(暖かさ)を
感じとれるのです。ただ、この商品はメーカーでは期限限点品とか。。。?

今日も一日潜在意識(自分の脳)と二人三脚で頑張りましょう。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体 岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所 ホームページ

◇心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆気功で整体YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック 岩瀬靖二のfacebook

◆気功整体師  岩瀬のツイッター

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です