責任を他に回してはダメ・・・人は思ったことに移行するが自分の行動は自責任

おはようございます。

気功暦30年・気功整体師「うず炁」です。

目覚めて感謝★☆

息(生きて)していることに・・・

これからの人生を有意義に送るためにも、自分の身の回りに起きている現象てやらの原因を探求してみたいもんですね。かと言って、何処から手を付けたら良いのか分らないのが現状です。

でも、今身の回りに起きている、出ている現象は自分の身体の中(脳内)で作っているのであって逃げ出してはいけない。いゃ、逃げ出すことはできないのは確かなところです。

そしてそれらの現象は自分を映し出しているもう一人の自分だいうことを再確認して下さい。そのもう一人の自分(現象)を削除するには、その現象に問い掛けるしかないのです。

そう、自分の持物であり、主(あるじ)である脳に話し掛けることです。なぜ、それは人間の身体をコントロールしているのは脳だからです。

そして、そのコントロールしている脳自体が自分あることです。つまり、自分自身で今目の前に起きている現象を避けようととする意識そのものがそうさせているいるのです。

人間は思った(意識した)ことに移行してしまうのです。意識と言う行為が脳をコントロールしてしまうのです。

ならば、現実から逃げないという意識さえすれば、そこに探求とい意識が芽生え結果がついてくるのです。今身体に痛みがあるとします。

普通誰しもが痛い、痛いと思いつつ、この痛みなんとかしてくれないと他人に訴えているのではないでしょうか?

痛みだけではありません。病気全体もそうです。なんで私が病氣になって苦しい思いをしなくてはならないのかとか、今生活が苦しいのは国(政府・国会議員)が悪いからだとか、他に責任を押し付ける傾向があります。

これらの現象は全て自分の身体の中(脳内)で製造して自分の目の前に映し出しているに過ぎないのです。

最後まで読んでいただき有難うございます。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体 岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所 ホームページ

◇心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆気功で整体YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック 岩瀬靖二のfacebook

◆気功整体師  岩瀬のツイッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です