手書き文字で語る「治そう思うな・・・治そうと想え」これが治癒の秘訣なり

おはようございます。

左回り渦エネルギー体の気功師岩瀬です。

私は、訪れる患者さんが言う「先生、腰が痛い・肩が痛いので治して」と言う応答に必ずこういいます「治すのはあなた自身」「私は治せません」と・・・

そうです。私は訪れる患者さんの諸症状に対し「治そうと思わない」のです。

こんなことを書くと皆さんは不謹慎と思われるでしょう。

ご安心下さい。治癒(施療)後の患者さんは「先生、治さない治さないといったけれど

治しちゃったじゃん」でお帰りになります。これが、約30年間続いております。

治療家は患者さんを自分のテクニックで治そう治そうと思って日々奮闘しておりますが、それは私から見たら・・・大きな誤りではないでしようか・・・(皆さんにお叱りを受けるかなぁ)

数年前だったとおもいますが、ある県で整骨院を5~6店舗経営している院長さんが訪れたことがあります。

その院長・・・先生私今腱鞘炎で日々悩まされていて患者さんを治療出来ない状態なんです・・・って。

患者さんを治す側の先生が・・・です。私はどうしてですかと聞きました。

院長曰く・・・治すマニアルがない。治す術(すべ)を学校で教わっていないと言う回答でした。

ここで大切なのは、一人ひとりの患者さんのマニアル(カルテ)は先生側が作成するものではないことです。

同時に学校等で学んだ術(すべ)は、生身の患者さんには不適合だということです。

で・・・その院長の腱鞘炎は・・・その場で改善です(完治とはいいません)。

で・・・カルテ(治療法)は・・・院長の疾患部と私の脳内メモとの融合です。

皆さんますます分からなくなったことでしょう??

答えはこうです・・・「良くなってね・楽になってね」と私は脳内で想っただけのことです。

私自身師匠に学びを受けたことがありません。従って治療マニアルはありません。

しかし、治癒する術(すべ)は脳内メモ(マインドマップ)として存在しているということです。

そのマインドマップの全容が「良くなってね・楽になってね」です。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体 岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所 ホームページ

◇心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆気功で整体YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック 岩瀬靖二のfacebook

◆気功整体師  岩瀬のツイッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です