波動は「情報なり」・気は「意識なり」

 

『見えない世界』を『波動の世界』といい、又は、『サトルエネルギーの世界』とも言います。即ち、見えない波動に満ちている世界であり、波動は『情報』なのです。

では、見えない世界は何処にあるの?、となりますが、もちろん右脳にあるのです。即ち、右脳はすべて波動情報に共鳴し、その情報をイメージ化して理解する能力を持っているのです。

では、どうすれば見えない世界にアクセスすることが出来るのでしょうか?。人は全て自分の内(右脳)に光『氣(エネルギー)』を持っていて、自分の内側(右脳)にある目を開く(氣づく)と、その光(氣)をみることが出来るようになります。

人の生きる道とは、内側の目(眼脳)でものごとを観て、内側の耳(耳脳)で聞き、内側の声(脳波)に耳を傾けて生きることです。

人が自分の内側に持っている光(氣)は、神(自然界)のパワー(宇宙無限力)との接点で私達に奇跡を起こさせます。

先程、波動は情報と言いましたが、その全ての波動(情報)をキッチして身体全体に情報提供するのが脳(特にその機能が優れているのが右脳です)なのです。

そう、氣は単なるエネルギーだけではないのです。人間の全ての機能を動かすたの情報を含んだエネルギーであり、意識の力で動かすことが出来るのです。

体内の氣を動かすのは超簡単で、意識を集中させることにより、ある一点(右脳)に集めることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です