先生に異常なしと言われても素直に聞き入れない。。。先生の診立てと本人思考・どちらが異常なのか?

自分のことすら解らない自分では、他者のことなど到底わかりません。私達は、苦しいときなど私の気持ち解ってってよ~と、叫びます。けれど、他者は解ろうとしません。当たり前のことです。

自分で自分のことすら解っていないのに他者があなたのことなど解るはがありません。やはり、自分のことを一番知っているのはあなた自身なのです。

病院に行って担当医に自分の状態をお話ししたとします。担当医はあなたの申告したことを総合して、それなりの処置はします。しかし、あなたの症状は思わしくありません。

 

 

そんな時あなたはどうしますか・・・本当になんでもないんですかと言い返します。しかし、何度も検査しても異常は見つからない。それでもあなたは担当医に本当に異常ないんですか疑います。

そんな時、私はこう思うのです。最新鋭の医療器具で検査しているのだから間違いない・・・なのに皆さんは疑ってしまう。

これら諸々の疑いの先には、自分自身を疑っていることと同じことなのです。やはり、自身の病気しかり、今自分の前に出ている現象の100%と言っていいくらい発生源は自分からと言っても過言ではないでしょうか。

でも、そんなこと言ったってその発生源は何なのかわからないと言う人が大半です。されど、発生源はあなたの身体の中からなのです。正確には脳の中と言って置きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です