気功師の折々のことば・右と左・右手と左手・右脳と左脳すべてが一対関係

おはようございます。

左回り渦エネルギー体の気功師の岩瀬です(^~^)

右手と左手は、違う役割を持っています。
右は「口」が付いているから言葉。。。
左は「工」が付いているから道具を表してしています。。。

言葉と道具。人間にはなくてはならないものです。
この二つが手を結んで、お互いを助け合う。。。これが友達

左右ににんべん(人偏)を付けると「佐』・「佑」。

「佐」・・・佐(たす)ける

『佑」・・・佑(たす)けるということで、

どちらも助けるという意味になります。。。
右は左を、左は右を助ける存在なのです。

気功も・・・??

「気」があっても。。。それを施す、つまり気を送るという
行為が必要です。。。それが「功」なのです。

つまり、「工」+「力」=「功」が成り立つのです。

功という漢字は左に「工」

右に『力」から・・・逆に左に「力」・・・右に「工」という漢字は存在しません。

私は、気功(施療)するとき「気」を加工して相手方に送ると意識しております。

気を加工する・・・って??

加・・・左にカ・・・つまり私は左(手)に気を感じ

    右に口・・・言葉(言霊)⇒⇒工(行為・行う・施療)となる

ここにも左(手)と右(手)が助け合っているのです。

検証・・・いくら気、気といっても、それをどうする「加工(か)」で気が実るのです。

最後まで読んでいただき有難うこざいました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体 岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所 ホームページ

◇心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆気功で整体YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック 岩瀬靖二のfacebook

◆気功整体師  岩瀬のツイッター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です